タイプではないソープ嬢の場合

悩む女性

泡姫なんて呼ばれ方もするソープ嬢さんですけど、本当に姫って呼べるようなソープ嬢さんって中々お目にかかれないんですよね。別にソープ嬢を貶しているわけじゃないんですけど、容姿端麗でサービス抜群そしてテクニックは職人級、そんな完璧超人みたいなソープ嬢なんてそこら辺にたくさんいるわけ無いんですよ。だからソープに行くときはある程度の妥協って奴を求められますが、その3点の内2つが欠けていたら流石に気分が悪くなってしまいます。どれかひとつ足りない位だったら全然目をつぶることも出来ますが、3分の2が欠けていると、客商売としては致命的な欠陥といっても良いと思います。ソープランドでも、チェンジ可能なお店は当然ありますけど、ダメなお店に行ってしまったら、それを受け入れてしまうしか無いんですよね。事前にチェンジ可能か否かを確認していなかった自分の責任でもあると思いますが。もしいわゆるタイプではないソープ嬢に運悪く当たった場合には、どう対処すれば満足感を無理やりでも出せるのかってよく考えるんです。例えばミルマスカラスバリにレスラーマスクを被せてしまうとか、なんだったら夜店で売っているようなお面を付けてもらうとか。でもそんな事したらソープ嬢さんが泣いちゃうか、或いは怒ってしまうかの二択ですよね。なんか良い対処法はないものでしょうか。